私たちは、福祉サービス第三者評価事業(以下「第三者評価」)(※1)に携わる評価調査者(※2)を会員とする団体です。 2014年2月に一般社団法人化し、評価調査者の資質の向上や第三者評価の普及・発展に寄与することなどを目的に諸事業に取り組んでいます。(「法人案内2018年度(PDF)」をご参照ください)

 しかし今日、第三者評価は受審率の伸び悩みや評価調査者の資質の担保など課題は山積しています。私たちは関係機関との連携を強め、全国の仲間たちとともにこれらの課題に真摯に向き合い、その解決に向けて全力で取り組んでまいります。

 私たちの活動へのご理解とご支援、評価調査者の皆様には会員として参画してくださるよう、心からお願いいたします。

会長 新津ふみ子

※1 福祉サービス第三者評価事業(詳細は「全国社会福祉協議会」をご覧ください)
事業の目的は「サービスの質の向上」と「利用者の適切なサービス選択に資するための情報となること」の2点で、2003年度の東京都を皮切りに、現在では全国の都道府県で取り組まれています。

※2 評価調査者(同上)
事業の担い手である評価調査者には、組織運営管理業務や福祉・医療・保険分野の有資格者等としての一定以上の業務経験と、所定の研修の修了が義務付けられています。

お知らせ

お知らせ一覧

ページ上部↑